· esports,dj,vj,events,streaming

インテルがライゾマティクスとオンラインコミニュケーションの新しい可能性を探る実験的なプロジェクト、「Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0」を開催。
#playingtokyo

eスポーツとパーティーを繋ぐクロスオーバーなライブストリーミングイベント

2020年6月27日(土)15時から、「Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0」がTwitchのライブストリーミングで開催される。

世界で活躍する人気プロゲーマー、ゴールデンボンバーの歌広場 淳としんじょう君がストリートファイターV チャンピオンエディションで対戦するエキシビジョン・マッチや、tofubeatsをゲストに迎えたokadada & DJWILDPARTYレジデントのパーティー「AUDIO TWO」と「Rhizomatiks」によるSPECIAL VJ DJ SHOWCASEなど、実験的なプロジェクトをライブストリーミングで楽しめる内容となっている。

ライゾマティクスからメッセージ

イベントコンセプト『PLAYING TOKYO』――――

eスポーツプレイヤーの卓越したゲームプレイを鑑賞するカルチャーが2000年代以降広まっています。ゲームはただひとりで遊ぶツールでなく、鑑賞者同士が交流するコミュニケーションのハブになっています。オンラインであれライブ会場であれ、そこには、ゲームがなければつながることもなかった世界中の不特定多数のファンたちの熱気があり、セレンディピティが絶えず生成されています。
今、コロナ禍においてはライブプレイの場を実際に設けることは難しくなっています。

ライゾマティクスでは、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて緊急事態宣言が発出される以前の4月3日より、「Staying TOKYO」と題したオンラインイベントを実施してきました。家にいながらも表現できることをしよう、楽しむことを忘れないために、今できることをやってみるというコンセプトの元、交流のあるゲストを招き、トークやDJ/VJイベントをリモートで行ないました。
また、Staying TOKYO実施中に、リアルに集まることが難しい状況になった今、 オンラインでリアル空間の様なソーシャルな営みを行うことができないかという思いから「Social Distancing Communication Platform」が立ち上がりました。これは、大人数でのオンラインコミニュケーションの新しい可能性を探る実験的なプロジェクトです。
そして、「PLAYING TOKYO」においても、ライゾマティクスがコロナ禍に実施してきた2つのプラットフォームを融合させ、ゲームが生み出す熱気をオンラインで体感いただこうと思っています。『面白い!』『凄い!』と思ったときに、誰かと共有することで、感動や共感はさらに大きく拡がっていくことでしょう。

今回はライゾマティクス内にもファンが多いストリートファイターVのプロ選手をお招きして
板橋ザンギエフVSネモ、歌広場 淳 VS しんじょう君、キチパVSトラボ

因縁のスペシャルエキシビジョンマッチが実現します。
さらに、CIRCUS TOKYOで開催されているokadada & DJWILDPARTYレジデントのAUDIO TWOにtofubeatsが登場しDJパフォーマンスを披露。RhizomatiksによるSPECIAL VJ DJ SHOWCASEは必見です。

ライゾマティクス
ライゾマティクスは、技術と表現の新しい可能性を探求し、メディアアート、データアートといった研究開発要素の強いプロジェクトを中心に扱いまだ見たことのないモノ・コトを世の中に発表していく。ハード・ソフトの開発から、オペレーションまで、プロジェクトにおける全ての工程に責任を持ち、人とテクノロジーの関係について研究しながら様々なクリエイターとのコラボレーションワークを実践していく。

Rhizomatiks
Rhizomatiks was established in 2006, hoping to bring social change by fostering the collaboration between media art, industry, and business. Committed to pushing the envelope of possibility, Rhizomatiks will redouble its proactive collaboration with external artists and world-class scientists for a mutual sharing of expertise and inspiration to forge the unexplored creative realms that will contribute to the advancement of art and society. Rhizomatiks also aims to ensure that its groundbreaking research and expressive activities serve as a form of human resource development that will transform society.

ライゾマティクス:https://rhizomatiks.com/
Social Distancing Communication Platform:https://rhizomatiks.com/sdc_platform/ 

TIME TBALE

15:00 - 16:00
SPECIAL EXHIBITION#1 (5先) キチパ VS トラボ / KICHIPA VS TRASHBOX

16:00 - 17:00
AUDIO TWO feat Rhizomatiks SPECIAL SFV VJ DJ SHOWCASE

17:00 - 18:00
SPECIAL EXHIBITION#2 (3先)

歌広場 淳(ゴールデンボンバー) VS しんじょう君 / JUN UTAHIROBA(GOLDEN BOMBER)VS Shinjokun

SPECIAL EXHIBITION#3 (5先)
板橋ザンギエフ VS ネモ / ITABASHI ZANGIEF VS NEMO

実況解説
アール / 倉持由香

出演

イベント概要

イベント名: Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0
開催日時 : 2020年6月27日(土) 15:00 - 18:00 [予定]
配信URL:https://www.twitch.tv/outerch/squad
主催 : インテル株式会社

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK